スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

十代の年齢で腋窩多汗症の手術をするという事は?

腋窩多汗症(えきかたかんしょう)と言っても症状は人それぞれで、度合いは様々です。
手術をすれば腋窩多汗症はわきが同様に治す事は可能ですが、手術となると色々な面で負担が出てきてしまいます。

十代の内はまだ心身共に不安定な時期です。緊張性の腋窩多汗症の場合、メンタル的な問題が解決すれば、手術をしなくても症状を抑える事が出来ます。思春期を過ぎ、20台半ばになってくると心身が成熟し精神的にも安定してきますので、十代の内から手術で治そうとするのは得策とは言えないでしょう。

しかし、どうしても汗が気になると言う人は、精神安定剤やボトックスと呼ばれる注射など、一時的な効果をもたらしてくれるものを試してみるといいでしょう。
特に精神安定剤は使用する事により、汗に対する不安を消してくれる事もあります。
「汗ジミくらいどうって事ない」
精神安定剤だけでこの様に考え方を変えられるなら、手術を行うよりはるかに心身共にかかる負担が少なくて済むでしょう。

スポンサーサイト


2011/01/03 「液窩多汗症」とは? トラックバック:0 コメント:0













管理者にだけ公開する

<< 持続的な腋窩多汗症はどうしたらいいの? | HOME | 腋窩多汗症からわきが臭も出てくるのでは? >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。